通話料を安く抑えたいならひかり電話|通信料カットのコツ

男の人

レンタルとの違い

固定電話

ビジネスホンを導入する場合、購入やリース、レンタルなどさまざまな選択肢があります。リースは、毎月料金を支払うだけで利用できるので、費用負担を減らすことができます。

詳細へ

携帯代を安くする方法

スマートフォン

格安SIMを利用すれば、月々1,000円~3,000円程度でスマホを利用することが可能です。格安SIMはただ料金が安いだけではなく、セット割引があったり特典があったりなど、魅力がたくさんあります。

詳細へ

利点が多い電話

社内

これからインターネット回線を引こうと思っている方は、ひかり電話も一緒に検討したほうが良いです。ひかり電話とは、光ファイバー回線を利用するIP電話のことです。光回線のインターネットを導入するときに、オプションとしてひかり電話に加入することができるのです。オプションなので、不要な場合は加入しなくても良いのですが、メリットが多いので有効活用したほうが良いでしょう。ひかり電話の最大のメリットは、料金が安いということです。NTTの固定電話の基本料金は、1800円程度ですが、ひかり電話は月々500円程度です。半額以下で利用することができるので、節約したいときにはとても便利です。また、ひかり電話に変えるからといって番号を変える必要はありません。同じ電話機と同じ番号のままで使用することができます。そのため追加で費用をかけることなく、基本料金を安くできるのです。

遠距離に電話をよくかけるという方は、ひかり電話を活用したほうが良いです。通常の固定電話で県外にかける場合、3分で21円~84円程度料金が発生します。ひかり電話は、県内や県外関係なく、全国一律で3分8.4円になります。また国内だけではなく、国際電話も格安の通話料金なので、よく電話を使用する方にとってはとてもお得感が強いです。このようにメリットがたくさんあるひかり電話ですが、電話をかけるときにはルーターやモデムを経由することになるので、停電したときには使用できなくなってしまいます。よく停電をするという方は、しっかり検討した上で導入したほうが良いでしょう。

移行までの流れ

ネットワーク

MVNOを利用するなら、移行の流れを知っておくと、スムーズに契約することができます。MVNOを選ぶときは、自分に合ったキャリアを選ぶためにも、データ通信量や料金を比較したほうが良いでしょう。

詳細へ