通話料を安く抑えたいならひかり電話|通信料カットのコツ

レディー

レンタルとの違い

固定電話

オフィスに必要な備品はさまざまありますが、特にビジネスホンは必要不可欠な存在となります。ビジネスホンを導入する場合、購入という方法以外にもリースという選択肢もあります。自社が希望しているビジネスホンを、リース会社が新品で購入して、利用期間に合わせて全額回収するという契約になります。契約期間としては、3年~7年程度が平均になっています。ビジネスホンを購入するとなると、高額な費用がかかってしまいますが、リースの場合は毎月リース会社に料金を支払うことになるので負担が少ないのです。リースとよく勘違されるのが、レンタルです。レンタルは、レンタル会社が所有しているビジネスホンを貸し出すという契約になるので、中古の商品もありますし借りている間だけ料金が発生します。

ビジネスホンをリースするときに注意しておきたいのが、契約期間が満了したときには返却義務があるということです。そのため不要になったからといって、処分することはできません。また、契約期間中でも返却することはできないので計画的に活用したほうが良いです。ビジネスホンを提供している会社はさまざまありますが、会社によってアフターサービスの内容は異なるので事前に確認しておいたほうが良いです。保障が充実しているところもあれば、そうでないところもあるので、自社の予算や目的に合った会社でリース契約することが大切です。初期費用を抑えたいときや、新品のビジネスホンを利用したいというときには、リースはとても便利です。